「キュレーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「キュレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「キュレーション」について解説します。

目次

  1. キュレーション
  2. キュレーションの意味とは
  3. キュレーションを使った文章・例

キュレーション

皆さんは「キュレーション」という言葉をご存知でしょうか。

英語では「curation」と綴ります。
「curation」という言葉は、ラテン語で「世話をする」という意味の単語に由来します。

今回は「キュレーション」という言葉について詳しく解説します。

キュレーションの意味とは

キュレーションとは「情報を選んで収集し、まとめること。」という意味です。

特に、インターネット上に散らばる情報のまとめを指すことが多いです。
特定の目的で集められた情報を見やすいようにまとめたウェブサイトを「キュレーションサイト」といい、適切にまとめられたキュレーションサイトは効率の良い調べ物をする役に立ちます。

近年のスマートフォンには写真や動画のデータを分類・管理するAI機能が備わっていることがあり、この機能があると撮影日や被写体など条件ごとにデータを自動で収集しまとめることができます。
この機能も「キュレーション」と呼ばれており、大量のデータを簡単に管理できるメリットがあります。

インターネット以前から使われている場面としては、美術館や博物館などにおける「キュレーター」という職種があります。
テーマに沿って展示物を収集しまとめて展示する企画を開催し、観客にその知識や魅力を紹介するという役割です。
素人相手に分かりやすく説明するという役割が「世話をする」ことに通じていることから「キュレーションする人」という名前で呼ばれていると思われます。

>

キュレーションを使った文章・例

  1. その分野の調べ物をするには、キュレーションサイトを使うのが便利だ。
  2. 友人は専門知識を生かしてキュレーションの編纂をしている。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ