「タイムテーブル」とは?意味や使い方を解説します!

「タイムテーブル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「タイムテーブル」について解説します。

目次

  1. タイムテーブル
  2. タイムテーブルの意味とは
  3. タイムテーブルの使い方・例文

タイムテーブル

タイムテーブル」という言葉について解説します。

「タイムテーブルはどうなってるの?」「イベントのタイムテーブルを作成する」といった使い方をするこの言葉。

みなさんは見聞きした事があるでしょうか。

音楽フェスやイベントが好きな方からすると、タイムテーブル次第でその日の行動予定が変わってきたりするので、馴染みの言葉かもしれません。

他にも紅白などの音楽番組、大きな特番などにもこの言葉が使われたりします。

ということで、ここではそんな「タイムテーブル」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

タイムテーブルの意味とは

>

タイムテーブルとは「時間割・時刻表のこと」という意味の言葉となっています。

非常にシンプルな意味の言葉ですし、日常的には日本語で「時間割」「時刻表」と使う機会の方が多いと思います。

あえてタイムテーブルと使うのはやはり音楽フェスや音楽番組でのアーティストの出演順や、イベント・特番での企画構成の順番を表示する際などが多いように思います。

ちなみに、似た言葉であるタイムスケジュールとの違いですが、タイムスケジュールは予定表という意味の言葉で、タイムテーブルは時間割という意味ですのでこの違いも押さえておくとよいのではないでしょうか。

使う際はシチュエーションを選ぶかもしれませんので、日常会話で使う時は若干の注意がひつようかもしれません。

タイムテーブルの使い方・例文

  • 毎年、あのロックフェスティバルのタイムテーブル発表が楽しみで仕方がない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ