「クローゼット」とは?意味や押し入れ・タンスとの違いを解説します!

「クローゼット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クローゼット」について解説します。

目次

  1. クローゼット
  2. クローゼットの意味とは
  3. クローゼットの使い方・例文

クローゼット

クローゼット」という言葉について解説します。

みなさんも日常生活の中でこの「クローゼット」という言葉には何度となく触れたことがあると思います。

若い方にとっては生まれた時からある当たり前の言葉、昭和生まれの紳士淑女の方にとっては押し入れ、タンスと読んでいたものがいつの間にかこの言葉に代わっていたというイメージかもしれません。

最近では「ウォークインクローゼット」なる進化系も登場していますが、改めてクローゼットってなんですか?と問われた時に、さらっと説明はできるでしょうか。

といったところで、ここでは「クローゼット」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

クローゼットの意味とは

>

クローゼットとは「寝具・衣類・道具などを収納するための空間。押し入れのこと」という意味の言葉となっています。

はぁ?ほらみろ!何がクローゼットだ。やっぱ押し入れのことじゃねぇか!ばーろー!と、昭和の親父たちの憤る声が聞こえてきそうですが、クローゼット=押し入れのことです。

なぜ押し入れと言わないのかと言えば、オシャレだからです。

というのは冗談としても、広くは押し入れといった意味になりますが、違いとしてはクローゼットと言った場合、洋式の収納のことで、ベッド文化のあちらでは布団をしまうという習慣がありませんので、そういった大型の寝具などは収納できないという違いがあります。

ちなみに、ウォークインクローゼットですが、こちらは中に人が入って収納したりすることができるほどの大型収納のことを指します。ウォークイン=中に人が入ることができる。というイメージでいいのではないでしょうか。

クローゼットの使い方・例文

  • クローゼットよりもふすま付きの押し入れの方が、便利ということに気付くのは40歳を過ぎてからと言われている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ