「コンプレイン」の意味とは?意味や使い方を解説!

「コンプレイン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「コンプレイン」について解説します。

目次

  1. コンプレイン
  2. コンプレインの意味とは
  3. コンプレインを使った文章・例

コンプレイン

皆さんは「コンプレイン」という言葉をご存知でしょうか。

よく「クレーム」と呼ばれているもののうちの多くは、実はこの「コンプレイン」だったりするのです。

今回は「コンプレイン」という言葉について詳しく解説します。

コンプレインの意味とは

コンプレインとは「苦情を言う。不平を言う。」という意味です。
英語では「complain」と綴ります。

「コンプレイン」と似た意味の言葉に「クレーム」があります。

「クレーム」は、「顧客が当然の権利として主張・要求するもの」です。
「商品を使ったら健康被害が出た」などその企業が提供する商品やサービスによって何らかの損害や不利益を被ったことを伝えるものであり、謝罪や損害賠償などで即時対応しなければ法的に責任を問われます。

「コンプレイン」の意味は、「店員の態度が悪かった」「特別なサービスを求めたのに対応してくれなかった」などの「顧客からの不満などの感情的な苦情」です。
必ずしも客に対して補償をする必要のない苦情で、相手の気持ちを静めることのみに終始する対応を取ることもあります。

二つの言葉には本来上記のような違いがあるのですが、現在は両方の意味をひとまとめにして「クレーム」と呼ぶのが一般的になってしまっています。
特に「モンスタークレーマー」という言葉からも分かる通り、むしろ「コンプレイン」が指す内容こそを「クレーム」と呼ぶ風潮すらあります。

>

コンプレインを使った文章・例

  1. コンプレインの中には、企業側に落ち度のない理不尽な不満も含まれている。
  2. セルフレジの操作を誤り不利益を被ったというコンプレインがあった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ