「レプリカ」とは?意味や使い方を解説します!

「レプリカ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レプリカ」について解説します。

目次

  1. レプリカ
  2. レプリカの意味とは
  3. レプリカの使い方・例文

レプリカ

レプリカ」という言葉について解説します。

「これはバンクシー作品のレプリカです」「60年代の車のレプリカが置いてあるお店」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも一度はどこかで見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

とはいえ、なんとなく意味は分かっているつもりであるものの、レプリカとはなんでしょうか。と聞かれてすっと答えられる方は実は多くないかもしれません。

ここではそんな「レプリカ」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

レプリカの意味とは

>

レプリカとは

  1. 美術品などの模写・複製
  2. スポーツ競技などで、優勝杯を返還したあと、優勝の記念として与えられる複製の杯
といった意味を持つ言葉となっています。

日常の中でレプリカという言葉が出てきた場合、ほぼほぼ1の意味で使われていると考えてもよいと思います。

よく疑問としてあがりやすいものに、レプリカ・模造品・コピー品の違いという問題があります。

レプリカは原作者やその工房、メーカーによってオリジナルと同じように作られたものという意味も持っています。

対して、模造品は「似せて造られたもの」コピー品も「複写したもの、似せて造ったもの」という意味の言葉となります。

レプリカと模造品・コピー品の間にはオリジナルと同じようになっているかどうかという大きな違いがあります。その違いはオリジナルに対する尊敬や敬意があるかどうかとも言い換えられるかもしれません。

ざっくりとどれも一緒の意味だと思って使ってしまうと、場合によっては相手の気分を害したり、トラブルに発展もしかねないので、この違いは意識して使い分けるようにするとよいのではないでしょうか。
 

レプリカの使い方・例文

  • 有名絵画の本物は手に入れられないので、レプリカを飾って鑑賞する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ