「命運」とは?意味や使い方を解説します!

「命運」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「命運」について解説します。

目次

  1. 命運
  2. 命運の意味とは
  3. 命運の使い方・例文

命運

皆さんは「命運」という言葉をご存知でしょうか。

「めいうん」という読み方も、意味もなんとなくお分かりだと思います。
しかし、同じような言葉で「運命」があるのもよく知られていますが、使い分けるポイントはどこでしょうか?

今回は「命運」という言葉について詳しく解説します。

命運の意味とは

>

命運とは「身の定め。めぐり合わせ。事の存続にかかわる重大な運命。」という意味です。
読み方は「めいうん」です。

辞書によって意味の解説にばらつきがありますが、「命運」の用例はほぼ「運命」を使った言葉に言い換えることができる、と理解していれば問題ないです。
たとえば生きるか死ぬかというような重大なことに関する成否を決めることを「命運を分ける」といいますが、「運命が分かれる」「運命を決する」と言い換えることもできます。

逆に、「運命」は必ずしも「命運」と言い換えられるとは限りません。
一生を賭けるような特別な恋愛相手のことを「運命の人」と言いますが、この場合「命運」を使った言葉と言い換えることはできません。
「運命」の方が、「命運」より広い意味を持っているようです。

「命運」は、「命運を分ける」「命運を賭す」「命運が尽きる」など、「生命の存続のような重大な局面を左右する」時に限定して使われる言葉なのです。

命運の使い方・例文

  1. 友人が順調にやっていた株取引が暗礁に乗り上げたようで、とうとう命運が尽きたらしい。
  2. 家族が病に倒れた知らせを受けてすぐに駆け付けられたか否かが、彼の命運を分けることになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ