「剣呑」とは?意味や使い方を解説します!

「剣呑」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「剣呑」について解説します。

目次

  1. 剣呑
  2. 剣呑の意味とは
  3. 剣呑の使い方・例文

剣呑

「剣呑」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「けんのん」となります。

この剣呑という言葉は、少し難しい表現であるため、耳馴染みのない方もいるかもしれません。

「危険な感じがするようす」や「不安をおぼえるようす」といった意味を持つ言葉です。

「お金を借りたいからといってそんな剣呑な思いをしてまで借りる必要はないのではないか。」や「剣呑な交渉が進められた。」といった使い方をします。

今回は、そんな「剣呑」について詳しく解説します。

この機会に「剣呑」について深く理解していきましょう。

剣呑の意味とは

>

「剣呑」という言葉の意味について解説します。

読み方は「けんのん」となります。

この剣呑という言葉は、もともと「剣難」という言葉で使用されていました。

この剣難が音変化したものです。

剣難(けんなん)が「剣呑(けんのん)」となりました。

意味は「危険な感じがするようす。」や「不安を覚えるようす。」となります。

使い方としては「お金を借りたいからといってそんな剣呑な思いをしてまで借りる必要はないのではないか。」や「剣呑な交渉が進められた。」といった表現があります。

また、剣呑を使った表現には「剣呑がる。」や「剣呑さ。」といった使い方があります。

剣呑の使い方・例文

  1. 冷戦が続いていた2カ国との間では、剣呑な交渉が続いていった。
  2. 借金をしたいからといってそんな剣呑な思いをしなくても普通に銀行から借り入れれば良いじゃないか。
  3. 近所で窃盗事件が起きたため、近隣の小学校に通う自動は剣呑なようすだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ