「ハッキング」とは?意味や使い方を解説します!

「ハッキング」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハッキング」について解説します。

目次

  1. ハッキング
  2. ハッキング
  3. ハッキング

ハッキング

皆さんは「ハッキング」という言葉をご存知でしょうか。

悪いイメージを持っている方が多そうですが、実は、そうではない使い方もある言葉なのです。

ハッキング

>

ハッキングとは「コンピューターのハードウェアやソフトウェアのソースコードを分析し、その仕組みや性質を理解、把握しようとする行為」という意味です。

よくニュースで聞く事件に「企業や公的機関のコンピューターやサーバーがハッキングされ、データの流出が起こった」というものがあります。
これは、機密性の高い情報を取り扱うコンピューターやサーバーに第三者が不正にアクセスし、データを盗み出したというものです。

この場合の「ハッキング」は「不正にアクセスする行為」を指すのですが、正確には「クラッキング」といいます。
「クラッキング」は、直訳すると「ひび割れる」という意味であり、セキュリティを「ひび割れ」させるように侵入し中のデータにアクセスするという犯罪行為です。

先ほど説明した通り、「コンピューターのプログラムについて理解・研究しようとする行為」を「ハッキング」と呼ぶのです。
他人のコンピューターに「ハッキング」して悪事を働こうとする行為が「クラッキング」であり、悪事なのです。

クラッキングを行う人のことを「クラッカー」あるいは「ブラックハッカー」と呼び、それに対抗する技術を持つ人を「ホワイトハッカー」といいます。
ホワイトハッカーは警察のサイバー対策などの部署に所属しています。

ハッキング

  1. 普段使用しているソフトウェアのコードをハッキングした。
  2. 会社のサーバーが大規模なハッキングを受けているらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ