「落とし込む」の意味とは?意味や使い方を解説!

「落とし込む」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「落とし込む」について解説します。

目次

  1. 落とし込む
  2. 落とし込むの意味とは
  3. 落とし込むを使った文章・例

落とし込む

落とし込む」という言葉について解説します。

「アイディアをデザインに落とし込む」「それぞれが持っている意見を企画に落とし込む」といった形で使われるこの言葉。

日常生活の中で使うというよりは圧倒的にビジネスシーンで使われることが多いようなので、社会人の方ならかなり身近な言葉と言えるのではないでしょうか。

落とし込むという言葉自体、ビジネス用語として認識されている風潮もあるようです。

ここではそんな「落とし込む」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

落とし込むの意味とは

>

落とし込むとは

  1. 落として中に入れる。また、中にめり込むようにする。
  2. 他人をおとしいれる。だまして罪に落とす。
  3. 抽象的な事象、考えや意見を、具体的な形や行動に反映させる。
といった意味の言葉となっています。

意味を見ても分かると思いますが、ビジネスシーンで頻繁に使われるのは3の意味になります。

「アイディアをデザインに落とし込む」と言った場合、「アイディアをデザインに反映させる」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

単純に「資料に落とし込む」のように1の意味で「中に入れる」という意味でも使われますが、意味合い的には形にする、完成させる、反映させるといったことも含まれます。

ビジネスシーンではかなり高い頻度で見聞きする言葉の一つなのでぜひ覚えておきましょう。

落とし込むを使った文章・例

  • 現場からの意見を、新商品に落とし込む。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ