「デファクトスタンダード」とは?意味や使い方を解説します!

「デファクトスタンダード」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「デファクトスタンダード」について解説します。

目次

  1. デファクトスタンダード
  2. デファクトスタンダードの意味とは
  3. デファクトスタンダードの使い方・例文

デファクトスタンダード

デファクトスタンダード」という言葉について解説します。

みなさんはこのデファクトスタンダードという言葉を一度でも見聞きしたことはあるでしょうか。

ビジネス用語なので日常会話の中で登場することはほぼありませんし、ビジネスシーンの中でも頻繁に登場するような部類ではありません。

ですので、初見だという方は多くいらっしゃるかと思いますし、意味についても全く分からないという方もいらっしゃるかと思います。

ここではそんな「デファクトスタンダード」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

デファクトスタンダードの意味とは

>

デファクトスタンダードとは「事実上の標準、基準」という意味の言葉となっています。

もう少し意味を掘り下げると、国際機関や公的な機関によって標準として定められてはいないものの、使いやすさなどにより、市場によって評価されて標準となったものをデファクトスタンダードと言います。

逆に、標準を認定する機関によって定められたものをデジュレスタンダード、デジュールスタンダードと呼びます。

認定されていないが標準になっているもの=デファクトスタンダード

認定されて標準になっているもの=デジュレスタンダード、デジュールスタンダード

上記のように併せて覚えてみてはいかがでしょうか。

デファクトスタンダードの使い方・例文

  • 代表的なデファクトスタンダードとして知られているのはみなさんも使っているパソコンのWindowsのOSが挙げられます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ