「恋仲」の意味とは?意味や使い方を解説!

「恋仲」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「恋仲」について解説します。

目次

  1. 恋仲
  2. 恋仲の意味とは
  3. 恋仲を使った文章・例

恋仲

恋仲」という言葉について解説します。

恋仲。2015年フジテレビのドラマのタイトルとして使われたので若者の間でもこの言葉をご存知の方は多くいらっしゃるかもしれません。

ですが、どことなく古き良き日本語といった響きがあるように感じます。

この言葉を見聞きしたことがあるという方は多いかと思いますが、ではこの言葉の意味は?と聞かれると「恋人のこと?」「恋愛仲間?」と、それぞれが抱くイメージが違うかもしれません。

ここではそんな「恋仲」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

恋仲の意味とは

>

恋仲とは「お互いに恋い慕う間柄」という意味の言葉となります。

となります。と言われても余計分からなくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ということで、意味を解説します。

恋い慕う=恋しさいっぱいで、寄りすがりたいように慕う。

間柄=つきあい、関係。

という意味の言葉なので、かみ砕いていうと、恋人関係、両想い同士ということになります。

現代では恋人、カップル、両想いという言葉で代用できてしまうので、恋仲とわざわざ言うのはやはり、古き良き日本語表現の一つではないかなぁと思ってしまいます。

お互いに恋お慕う間柄。なんて少しいじらしさを感じませんか?

恋仲を使った文章・例

  • 職場の中で誰と誰が恋仲にあるのか、パートのおばちゃんは一発で見抜くという特殊な能力を持っている。
  • 彼女と恋仲になりたい。そんなことを思っていても動かないと絶対になれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ