「天運」の意味とは?意味や使い方を解説!

「天運」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「天運」について解説します。

目次

  1. 天運
  2. 天運の意味とは
  3. 天運を使った文章・例

天運

皆さんは「天運」という言葉をご存知でしょうか。

まるで神の采配のような巡り合わせを感じた時、そこに確かに存在しているのが「天運」ですね。

今回は「天運」という言葉について詳しく解説します。

天運の意味とは

>

天運とは、以下の意味を持つ言葉です。

  • 天から与えられた運命。
  • 人間に幸福や不幸をもたらす、人知を超えた作用。
  • 天体の運行。

一つ目の意味では、「天命」という同音異義語があります。

何らかの宗教用語のようにも思いますが、特定の宗教に由来する言葉ではないようです。
むしろ、どの宗教であっても「人間の意志を超えた神の力が運命を動かしている」という認識は共通しているのでしょう。

「悪運」という言葉が対義語のように見なされることが多いですが、この言葉の意味は「悪いことをしても報いを受けず、ずっと栄えたままであること」「運が悪いこと」というものであり、全くの別種です。
「悪運が強い」という使い方をすると一つ目の意味になりますが、たまに「死にそうな目にあってもかろうじて致命傷は避け無事である」のような意味で使う人もいます。
しかしこれは誤用であり、この場合は「不幸中の幸い」などの言葉が妥当です。

また、「天運」とは良い運だけを指すとは限りません。
良いことも悪いことも天の意志による巡り合わせである、というのが正しい意味です。

天運を使った文章・例

  1. オーディションは全力でやり切ったので、結果は天運に任せるのみだ。
  2. ここまで失敗続きだと、天運に見放されたのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ