「仲たがい」の意味とは?意味や使い方を解説!

「仲たがい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「仲たがい」について解説します。

目次

  1. 仲たがい
  2. 仲たがいの意味とは
  3. 仲たがいを使った文章・例

仲たがい

皆さんは「仲たがい」という言葉をご存知でしょうか。

誰かと「仲たがい」したことがある方、今もしたままだという方はたくさんいるでしょうね。

今回は「仲たがい」という言葉について詳しく解説します。

仲たがいの意味とは

>

仲たがいとは「もともと仲が良かったり、状態や性質が近かったもの同士の仲が悪くなること」という意味です。

可能な限り漢字交じりで表記すると「仲違い」となりますが、「なかちがい」と誤読してしまうことを防ぐために、「仲たがい」という表記とすることが多いです。

似た言葉に「不和」や「不仲」があります。
これらの言葉はどちらも「仲が悪いこと」という意味です。
「不和」「不仲」と「仲たがい」との違いは、「仲たがい」はもともとは仲が良かった者たちが不仲になるという人間関係の変化が重要であるという点です。
はじめから不和であったという場合は、「仲たがい」という言葉は使うことはできません。
それが、「仲たがい」という言葉の意味を理解するポイントだと言えるでしょう。

これは、「違える(たがえる)」という言葉が「一致しなくする。違わせる。」という意味であることに由来しています。
「一致しなくする」というからには、「一致していた」という前提があるはずであり、仲が良かったものがそうでなくなるという「仲たがい」という言葉の意味の上で大きな役割を果たしています。

仲たがいを使った文章・例

  1. 仲たがいした友人二人の仲裁役を買って出た。
  2. チームの中心にいた人たちの仲たがいがきっかけで、全体の人間関係がぎくしゃくし始めた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ