「ヒットエンドラン」とは?意味や「ランエンドヒット」との違いを解説!

野球において「ヒットエンドラン」という言葉を聞くことがあると思います。解説や実況の人が口にする「ヒットエンドラン」という言葉について解説していきます。また、「ヒットエンドラン」と「ランエンドヒット」の違いについてもあわせて説明します。

目次

  1. ヒットエンドラン
  2. ヒットエンドランとは
  3. ヒットエンドランとランエンドヒットの違い
  4. ヒットエンドランの使い方・例文

ヒットエンドラン

野球の試合中継を見ていると解説の人などが「ヒットエンドラン」という言葉を使っているのを耳にしたことがあるかと思います。

省略されて「エンドラン」とも呼ばれます。

しかし、「ヒットエンドラン」という言葉は野球に詳しくない人にはピンとこない言葉ですよね。

この記事では、そんな「ヒットエンドラン」について解説していきます。

ヒットエンドランとは

ヒットエンドランとは「ランナーが投球と同時にスタートし、バッターは投球を打ち、早く進塁できるように行う戦術のこと」を表します。

英語で「hit and run」と表され、打つことと走ることが同時に行われる戦術です。

バッターがボールをバットに当てないと、ランナーもアウトになってしまいダブルプレーになる可能性もあるので、ギャンブル要素のある戦術です。

また、ボールをバットに当てることが絶対条件だが、ヒット性の当たりを打つことがベストだが、右方向にゴロを打つのことがベターであると言われています。

ヒットエンドランとランエンドヒットの違い

ヒットエンドランと似た言葉に「ランエンドヒット」という言葉があります。

ヒットとランが逆なだけだが、意味が違うので間違えないように注意が必要です。

「ランエンドヒット」は「ランナーは盗塁する気で走り、バッターは盗塁が失敗しそうだったり、速球や狙い球ならボールを打ちにいく戦術のこと」を表します。

ランエンドヒットは、盗塁が成功するなら無理に打ちに行く意味がないので、足の速い選手がランナーの時に使用されることが多い戦術です。

ヒットエンドランの使い方・例文

  1. 初回からヒットエンドランで相手をかく乱させた。
  2. 9回2アウトの状況でヒットエンドランはさすがに無理があった。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ