「著しい」とは?意味や使い方を解説!

「著しい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「著しい」について解説します。

目次

  1. 著しい
  2. 著しいの意味とは
  3. 著しいを使った文章・例文

著しい

著しい(いちじるしい)」という言葉は、日常会話の中でもよく使われる言葉ですし、テレビやラジオなどのメディアでも使われることの多い言葉です。

「著しい」は読み方が難しいこともあってか、意味を正しく理解していない人も多い言葉です。よく使う言葉なので正しく理解して使っていきたいですね。

この記事では「著しい」の意味や類語、使い方などを解説します。

著しいの意味とは

「著しい」の読み方は「いちじるしい」です。読み方がとても難しく間違えやすいので気を付けましょう。

「著しい」の意味は「程度が際立ってること」「めざましい」「明らか」です。例えば、よく聞く言葉としては「成長著しい」というものがありますが、これは成長のペースが明らかに突出していることを表しています。

また、技術の進歩に対して「著しい発展」などということもありますが、こちらも同じく発展がめざましい様子を表しています。

なお、類語としては顕著があり、これはほぼ同じ意味を表しています。著しいは熟語として使われることも多く「著書」「著名人」などの言葉はよく聞くものでしょう。「著名人」は「著しい」のニュアンスが伝わりやすい熟語の一つですね。

>

著しいを使った文章・例文

  1. 彼はこの1年で著しい成長を遂げて、チームの中でも明らかに突出した存在になった。1年前の時点では誰が今の状態を予想できただろうか。
  2. 彼が学級の中で際立ってることは誰もが知っていたが、ここまで著しく勉学で成果を出すとは誰も予想しなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ