「ご明察」とは?意味や使い方を解説します!

「ご明察」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ご明察」について解説します。

目次

  1. ご明察
  2. ご明察の意味とは
  3. ご明察の使い方・例文

ご明察

皆さんは「ご明察」という言葉をご存知でしょうか。

「ごめいさつ」という読み方、「ご」がついているところから丁寧な言葉であるなどのことはお分かりかと思われます。

今回は「ご明察」という言葉について詳しく解説します。

ご明察の意味とは

>

ご明察とは「相手の優れた推察を敬って言う言葉」という意味です。
読み方は「ごめいさつ」で、「御明察」とも書きます。

「明らかに察する」で「明察」です。
頭に尊敬の意味の「御(ご)」をつけて「御明察」、書く時は簡略化などのために「御」をひらがなにして「ご明察」です。

主にビジネスシーンにおいて、目上の相手が述べた推測を褒める場合に使います。
また、相手が「こちらの事情を汲んで配慮してくれた」ことに対する謝意を述べる際には「ご明察恐れ入ります」という形で使ったりします。

似た言葉に「ご賢察(ごけんさつ)」があります。
単体の意味自体はほぼ同じ言葉なのですが、使い方が違います。
相手が「推察したことが適切だと褒める」ときに使うのが「ご明察」であるのに対して、相手に「適切に推察するように促す」際に使うのが「ご賢察」なのです。
目上の相手に「察してほしい」とお願いするときは「ご賢察ください」という形になるのです。
使い方を間違わないよう、しっかり覚えておきましょう。

ご明察の使い方・例文

  1. ご明察の通り、この企画は今までとは違う年齢層をターゲットにしたものです。
  2. 仰る通り、これは身体障害者のお客様がご利用いただくための設備です。ご明察恐れ入ります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ