「横暴」の意味とは?意味や使い方を解説!

「横暴」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「横暴」について解説します。

目次

  1. 横暴
  2. 横暴の意味とは
  3. 横暴を使った文章・例

横暴

皆さんは「横暴」という言葉をご存知でしょうか。

おそらく、読み方や意味など、なんとなく知っている方が多いと思われます。
「乱暴」や「横柄」など似た言葉がたくさんありますが、それらとの違いは何でしょうか?

今回は「横暴」という言葉について詳しく解説します。

横暴の意味とは

>

横暴とは「力に物を言わせて、身勝手で乱暴な振舞いを押し通すこと。物事を強引に押し進めること。」という意味です。
読み方は「おうぼう」です。

権力や暴力などを誇示して他人に無理矢理言うことを聞かせるという、カタカナ語で言うところの「パワハラ」に似た言葉です。
しかし「パワハラ」は人格の否定を伴うものという認識があるようですが、「横暴」はそういったものはありません。
また、「パワハラ」は個人対個人で行われることが多いですが、「横暴」な振舞いをする人ひとりに対してされる人は一度に複数という対比となることもあります。
たとえば「君が気に入らないから給料を下げる」なら「パワハラ」ですが、「部下全員の給料を理由もなく下げる」と言えば「横暴」となります。

似た言葉に「横柄(おうへい)」があります。
「横柄」とは「偉そうな態度を取る様子」という意味です。
しかしあくまでも「態度」だけの問題なので、他の人に何かを強制するような内容であるとは限らず、それに従わなければならない圧力があるとも限りません。

横暴を使った文章・例

  1. 課長の横暴にはもううんざりだと、部署の皆が一致団結した。
  2. 乱暴な言動で言うことを聞かせようなんて横暴の極みだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ