「効率性」とは?意味や使い方を解説!

「効率性」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「効率性」について解説します。

目次

  1. 効率性
  2. 効率性の意味とは
  3. 効率性を使った文章・例文

効率性

「効率性」という言葉について解説します。

みなさんは効率、効率的といった言葉は頻繁に見聞きしていると思いますが、ここで解説する「効率性」という言葉はあまり聞き慣れないのではないでしょうか。

宿題を効率よくやる。効率的にやる。といった言い回しは日常生活でもよく使います。ということから効率性も似た感じの意味と感じる方も少なくないと思いますので、ここで一度「効率性」の意味を整理してみましょう。

ビジネスの場などでは当たり前のように使われることもあるので、覚えておくのもいいかもしれません。

最後に例文も併せて紹介するのでぜひ最後までご覧いただければと思います。

効率性の意味とは

>

経済学においての、効率性とは「資源、財の分配において無駄がないこと」を意味する言葉となっています。

言葉の上での意味は「効率的であるという性質」といった意味になりますが、この言葉は「市場の効率性」のように、経済の話題で使われることがほとんどなので「資源、財の分配において無駄がないこと」という意味で覚えておくといいかもしれません。

同じ経済での話の中で似た意味、混同しがちな言葉として「生産性」という言葉があります。

検索すると「効率性 生産性 違い」というのが予測検索のトップに来ますが、生産性は何かを生み出すこと「生産力の度合い」という意味なので、分配の無駄がないという効率性とは意味からして全く違う言葉なので注意してみてください。

効率性を使った文章・例文

  • 市場の効率性を無視して生産してしまうと過剰供給になってしまうことがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ