「遅ればせながら」とは?意味や使い方を解説!

「遅ればせながら」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「遅ればせながら」について解説します。

目次

  1. 遅ればせながら
  2. 遅ればせながらの意味とは
  3. 遅ればせながらの使い方・例文

遅ればせながら

遅ればせながら」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「遅ればせながら」という言葉は、今更ながらといった意味があり、主にお祝いやお悔みなどを伝える場面で使用します。

改まった場面で使用することが多いお言葉は、使い方を間違えると恥かいてしまいます。

この機会に「遅ればせながら」について詳しく知っていきましょう。

遅ればせながらの意味とは

遅ればせながらという言葉の意味は「適した時期や機会を過ぎたあとに行う事柄に対し、遅くなりましたが・今更ながら。などの意味合いで前置きをする言い回し。」になります。

よく、お祝いやお悔みといった、それにふさわしいタイミングがある事柄において使用することが多い言葉です。

お祝いやお悔みは、その機会を逃してしまったとしても、あとからでも行っておきべき事柄であると言えます。

「遅ればせながら」は、主にそういった事柄の中で使用されるのです。

使い方としては、例えば「遅ればせながら結婚祝いでございます。」や「遅ればせながらお悔やみ申し上げます。」といった表現が自然でしょう。

また、遅ればせながらと似た言葉に「後れ馳せ」があります。

これは「人よりも遅れてはせ参じること。」という意味を持つ言葉です。

また、言い換えには「遅まきながら」があります。

「遅まきながら」も適切な機会から遅れて行うことを表現する言葉です。
 

 

>

遅ればせながらの使い方・例文

  1. この度は大変ご愁傷様でした。遅ればせながらお悔み申し上げます。
  2. 遅ればせながらお祝いの品でございます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ