「対バン」とは?意味や使い方を解説します!

「対バン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「対バン」について解説します。

目次

  1. 対バン
  2. 対バンの意味とは
  3. 対バンの使い方・例文

対バン

対バン」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「対バン」という言葉は「対バン形式」や「対バン相手」といった使い方をします。

最近はバンド同士が競演するライブに対して使用されています。

今回は、そんな「対バン」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

対バンの意味とは

>

「対バン」という言葉の意味について解説します。

対バンとは「ライブイベントで、複数のバンドが入れ替わる形式でステージに立ち、共演をすること。」という意味を持つ言葉です。

通常、対バン形式のライブでは、タイムテーブルで各バンドに演奏時間が割り当てられます。

この対バンに似ている形式にロック・フェスティバルがありますが、対バンは、ライブハウス規模の会場で執り行われるイベントに対して使用されます。

また、出演するバンドが、2組や3組の場合は「ツーマンライブ」や「スリーマンライブ」などとも呼ばれることがあります。

もともと対バンとは、バンドが演奏を競い合う対決でしたが、近年ではバンド以外にもアイドルが出演するライブなどでも使われることがあります。

使い方としては「ライバルのバンドと対バンする。」や「同じジャンルの対バン相手。」といった表現が一般的です。

最近では、バンド同士が「共演」「競演」するといった意味で使用される場面が多くあります。

対バンの使い方・例文

  1. 今日は、自分と同じジャンルのバンドと対バンライブなので気合が入っている。
  2. 本来の意味での対バン形式のライブは少なくなってきている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ