「MC」とは?意味や何の略か解説します!

「MC」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「MC」について解説します。

目次

  1. MC
  2. MC(master of ceremonyの略)の意味とは
  3. ラッパーとしてのMC

MC

MC」という言葉について解説します。

「この番組のメインMCの坂上忍です」といった形で使われたり、ラッパーの名前やコンサートやライブの合間の喋りに対しても使われるこの言葉。

みなさんも見聞きしたことがあると思います。

ヒップホップが流行した2000年代に入ってから一般的にも使われるようになった言葉という印象があり、みなさんも何気なく使っている言葉ではないでしょうか。

とはいえ、みなさんはMCという言葉のきちんとした意味はご存知でしょうか。

案外、身近過ぎてしっかりとした意味を知らないまま使っているカタカナ語は多々あります。

ここではそんな「MC」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

MC(master of ceremonyの略)の意味とは

>

MCとは「master of ceremony(マスターオブセレモニーの略で)司会者、進行役、式場係、転じてライブやコンサートなどの曲間での演奏者のおしゃべりのこと」という意味の言葉となっています。

ヒップホップ界でラッパーがMCと名乗るのは、ラップを職業にしている人がパーティーの盛り上げ役=司会進行役を務めるようになっていったからと言われています。

昔は番組の司会と言っていましたが、この司会の部分がMCに入れ替わって使われるようになりました。

ラッパーとしてのMC

ヒップホップの世界では同じMCでもラッパーと司会者を分けて考える向きもあります。

通常の司会者としてのmaster of ceremony(MC)ではなく、ラッパーのMCはmicrophone controllerの略であるとされているようです。

こちらも併せて覚えてみてはいかがでしょうか。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ