「未満」とは?意味や使い方を解説します!

「未満」という言葉をご存知でしょうか。「18歳未満」などよく聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「未満」について解説します。

目次

  1. 未満
  2. 未満の意味とは
  3. 未満の使い方・例文

未満

皆さんは「未満」という言葉をご存知でしょうか。

「○○未満」という表記はよく見かけることと思います。
しかしこの場合「○○」は含むのか?含まないのか?
「以上」「以下」などの言葉との使い分けは?

今回は「未満」という言葉について詳しく解説します。

未満の意味とは

>

未満とは「その数に達しないこと。その数より小さいこと」という意味です。

例えば「この商品を18歳未満が購入することはできない」という表記の場合、17歳の人は購入できませんが、18歳の人は購入することができます。

上記の文章の「18歳未満」を「18歳以下」に変えると、18歳の人は購入することができなくなります。
「未満」とされた条件はその数を含まないのに対し、「以下」とされた条件はその数を含むのです。

「以下」の対義語は、その数を含めてその上であることを示す「以上」です。
では「未満」の対義語は何かというと「超過」です。意味は当然「その数を含まないで、それより上である」ことです。

「超過」という言葉で最も馴染みのある用例は「速度超過」でしょうか。
自動車が制限速度を超えているということを示す言葉ですね。
制限速度が時速60kmである場合、60kmまでは加速しても問題ではありません。
しかしこの速度を少しでも超えてしまうと速度超過となって罰則が科せられます。
すなわち「制限速度に示された数値を含まず、それより上の速度となること」を「速度超過」というのです。

未満の使い方・例文

  1. 20歳未満の飲酒・喫煙は法律で禁じられている。
  2. 身長130cm未満の子供は、このジェットコースターに乗ることはできない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ