「改変」とは?意味や使い方を解説します!

「改変」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「改変」について解説します。

目次

  1. 改変
  2. 改変の意味とは
  3. 改変の使い方・例文

改変

皆さんは「改変」という言葉をご存知でしょうか。

「かいへん」という読み方はお分かりでしょうし、意味もなんとなく分かるのではないでしょうか。
テレビや映画など、エンタメに接しているとよく聞く言葉ですね。

今回は「改変」という言葉について詳しく解説します。

改変の意味とは

改変とは「内容を変えて、もともとの形と違ったものにすること」という意味です。
読み方は「かいへん」です。

テレビやラジオなどで、番組の入れ替わりの時期を「改変期」といいます。
通常は春と秋が改変期であり、だいたい4月と10月にドラマやバラエティなどの新番組が始まるようにスケジュールが組まれています。

最近よく使われるのは、原作が漫画やゲームなどの二次元媒体である物語を映画やドラマなどで実写化する際に、設定や内容を変更することを指して言う使用法です。

原作が二次元のものを実写化する場合、どうしても無理のある設定があったりします。
典型的なのはカラフルな髪の色や、多国籍の登場人物のほとんどを日本人が演じなければならないという場合です。
こういう場合は、該当の登場人物の設定を演者に合わせて変更しなければなりません。
また、長編を時間内にまとめなければならない場合、重要な設定や場面のいくつかを省略あるいはなかったことにしたりします。

この改変がうまくできていない実写化映画は駄作とされることが多く、特に原作のファンからは嫌われる、大きな要因となります。

>

改変の使い方・例文

  1. あの監督は設定の改変がうまいから、漫画の実写化によく起用される。
  2. 改変期で好きな番組が終わってしまい、とても寂しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ