「訴求」の意味とは?意味や使い方を解説!

「訴求」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「訴求」について解説します。

目次

  1. 訴求
  2. 訴求の意味とは
  3. 訴求を使った文章・例文

訴求

皆さんは「訴求」という言葉をご存知でしょうか。

「そきゅう」という読み方は多くの方がお分かりでしょう。
「訴求効果」という言葉も、聞いたことがあるのではないでしょうか?
商品やサービスを売る人たちにとっては、とても関心の高い言葉なのです。

今回は「訴求」という言葉について詳しく解説します。

訴求の意味とは

訴求とは「広告や販売などにおいて、消費者に働きかけて購買意欲が高まるよう呼び掛けること」という意味です。
読み方は「そきゅう」です。

「訴えて求める」というよりは「求めるように訴える」と言った方が分かりやすいでしょう。

広告などのプロモーション活動が消費者の購買意欲をどの程度上げるかということを表す言葉が「訴求効果」です。
多くの消費者を引き付けて売り上げを上げることができるプロモーションは「訴求効果が高い」ということになります。

訴求効果を上げるには、マーケティングを的確に行うことが肝心です。
そのためには「市場調査」が重要であり、ターゲットとなる消費者の趣味嗜好やトレンドなどを調査して、マーケティング戦略に反映します。

売りたい商品やサービスによって、ターゲットとなる消費者の年齢や性別、社会人、学生、子供を持つ親などの属性が違ってきます。
どの層にプロモーションして「訴求効果」を上げたいかということは、マーケティングには重要な要素です。

>

訴求を使った文章・例文

  1. 商品を女子高生へ訴求するための鍵となるのは「インスタ映え」だ。
  2. SNSを利用した宣伝は、うまくやれば非常に高い訴求効果が期待できる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ