「篤志家」の意味とは?意味や使い方を解説!

「篤志家」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「篤志家」について解説します。

目次

  1. 篤志家
  2. 篤志家の意味とは
  3. 篤志家を使った文章・例文

篤志家

皆さんは「篤志家」という言葉をご存知でしょうか。

読み方も意味も分からない、という方が多いのではないでしょうか。
人の名前では「篤志」と書いて「あつし」と読むことなどが思い浮かぶかもしれませんが、人名の読み方は意訳的な物もあるので、正しいとは限りません。

今回は「篤志家」という言葉について詳しく解説します。

篤志家の意味とは

篤志家とは「篤志のある人。特に社会奉仕や慈善事業などを積極的に行っていたり、支援したりしている人」という意味です。
読み方は「とくしか」です。

このように意味を解説しても、「篤志(とくし)」という言葉の意味を知らないので結局分からないという人は多いと思われます。
「篤志」とは「他人への思いやりなど、志があついこと」という意味です。
「篤」という漢字は音読みが「とく」、訓読みは「あつ・い」です。意味は「人情にあつい。熱心である。」、「病気が重い」です。
今回の用例では、前者の意味として使われています。

具体的には、ボランティアに積極的に参加するなどの社会奉仕活動を積極的に行ったり、募金活動やチャリティーを主催したり出資したりといった慈善事業に深く関わったりといったことを熱心に行っている人のことを「篤志家」とと呼びます。
人への思いやりを忘れず、損得勘定抜きで社会や弱者に貢献する、人々の尊敬を集める人物を指す言葉です。

>

篤志家を使った文章・例文

  1. 彼は投資で稼いだ金でチャリティーに参加している、難病の子供たちへの支援を欠かさない篤志家だ。
  2. 篤志家として密かに尊敬している友人から、災害復興支援のボランティアに行かないかと誘われた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ