「アセスメント」とは?意味や使い方を解説します!

「アセスメント」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アセスメント」について解説します。

目次

  1. アセスメント
  2. アセスメントの意味とは
  3. アセスメントの使い方・例文

アセスメント

アセスメント」という言葉について解説します。

みなさんはこの「アセスメント」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

なかなか日常生活の中で出会うことはないと思いますが、ビジネスシーンでは「アセスメントする」「リスクアセスメント」といった形で度々登場する言葉と言えます。

ということで、このアセスメントという言葉を知らないばっかりに、ちょっとした恥をかくということがないように一度把握してみてはいかがでしょうか。

ここではそんなアセスメントという言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。
 

アセスメントの意味とは

>

アセスメントとは「客観的に評価すること」といった意味で使われるカタカナ語となっています。

元は英語のassessmentからきており、英語の意味は主に課税のための評価、査定、評価額といった意味で使われる言葉です。

カタカナ語によくあることですが、日本で使われる場合は本来の意味から拡大解釈して税に関することだけでなく「評価する」ことをアセスメントするといった形で使われているようです。

ということで「リスクアセスメント」と言った場合は、危険性を評価すること。という意味になります。

また、業界ごとにアセスメントとは何をすることを指すのかという違いがあるので、そのことも頭の片隅に置いておくと良いでしょう。

アセスメントの使い方・例文

  • 一般企業でアセスメントと言えば人材アセスメントを指すことが多く、人材アセスメントとは要するに人事評価のこととなります。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ