「ディレクターズカット」とは?意味や使い方を解説!

「ディレクターズカット」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ディレクターズカット」について解説します。

目次

  1. ディレクターズカット
  2. ディレクターズカットとは
  3. ディレクターズカットとノーカットの違い
  4. ディレクターズカットの使い方・例文

ディレクターズカット

この記事では「ディレクターズカット」について解説させていただきます。

みなさんはディレクターズカットという言葉を聞いたことはありますか?
あまり日常生活の中で使うことはない言葉ではありますが、知っていなければ使うことが出来ない少しマニアックな言葉でもあります。

この記事を参考に理解を深めていきましょう。

ディレクターズカットとは

まず、ディレクターカットとは「映画監督自身が撮影をした動画や映像などを編集することや、それによって編集された作品」のことを指します。

映画には通常公開される物の他に、ノーカット版やディレクターズカット版というものがあります。

そもそも、なぜディレクターカット版というものが存在するのかというと、ハリウッド映画などでは監督よりもプロデューサーの方が偉いため。監督は映画の編集をすることが許されていないようです。そのため、監督の思い描く映画を作るためにディレクターズカット版が生まれたと言えます。

ディレクターズカットとノーカットの違い

逆にノーカット版というのは、最初に完成した状態から全くカットを加えていない作品という事になります。

カットをする必要がある理由としてはテレビ放送において、ある程度放送可能な尺が決まっているためあまり重要ではないシーンはカットする必要があります。

また、DVDやBlu-rayを買ってくれた人に対してつける特典PVなどもノーカットには収録されています。

そのため、ディレクターズカット版とノーカット版は全く違う内容という訳ではなく、収録されている内容の量やカットのタイミングの違いという事になります。

ディレクターズカットの使い方・例文

ディレクターズカットの例文についてご紹介させていただきます。

1.ディレクターズカット版は監督の映画に対する思いが見える。
2.来週のテレビ放送はディレクターズカット版という噂がある。
3.今度発売するBlu-rayにはディレクターズカット版が収録されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ