「市中感染」の意味とは?意味や使い方を解説!

「市中感染」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「市中感染」について解説します。

目次

  1. 市中感染
  2. 市中感染の意味とは
  3. 市中感染を使った文章・例

市中感染

市中感染」という言葉について解説します。

新型コロナの流行に伴ってよく見聞きする言葉となったものの一つと言えるこの「市中感染」という言葉。

みなさんももちろん見聞きしたことがあると思います。

コロナ関連の話題では、市中感染が始まると大変だ。なんて言われ方をしており、どうなると市中感染なのかとしきりに解説もされています。言葉の意味も漢字から想像がつくので言葉の意味はみなさんご存じかもしれません。

ですが、ここでは改めてこの言葉の意味や使い方を紹介していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

市中感染の意味とは

>

市中感染とは「病院などの医療機関に立ち入らず日常生活を送っている人が、感染症にかかること」となっています。

要するに、普通に日常生活していて病気に掛かること。もしくは普通に生活している人の間に広まること。と言えるでしょう。

病気に掛かった人が集まる病院という場所で感染症にかかるのはまだ仕方のないことかもしれませんが、日常生活を送るだけで感染症にかかるようになるということは、その病気がすぐ隣にあるということです。

そのため、新型コロナについても市中感染が問題視されていましたが、この病気もまたすでに私たちの隣にあるものとなってしまいました。

WITHコロナと言われるようになりましが、感染防止に最大限気をつけながらこの病気と付き合うようにしたいものです。

市中感染を使った文章・例

  • 市中感染と言えども、手洗い、うがい、マスク、ソーシャルディスタンスを徹底すればなんとかなる!はず!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ