「教養」の意味とは?意味や使い方を解説!

「教養」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「教養」について解説します。

目次

  1. 教養
  2. 教養の意味とは
  3. 教養を使った文章・例

教養

教養」という言葉について解説します。

「教養のある大人になりたい」「教養があるのと勉強ができるのは違う」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

ただし、意味はなんとなく知性とか知識とかそんな感じでしょ?といった風になんとなく雰囲気で掴んでいる方は少なくないかもしれません。

ということで、ここで一度教養という言葉の意味を押さえてみましょう。

ここではそんな「教養」の意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

教養の意味とは

教養とは

  1. 教え育てること
  2. 学問、幅広い知識、精神の修養などを通して得られる創造的活力や心の豊かさ、物事に対する理解力。また、その手段としての学問・芸術・宗教などの精神活動
  3. 社会生活を営む上で必要な文化に関する広い知識。
といった意味の言葉となっています。

ということで「教養のある大人」と言った場合は「社会生活を送る上で必要な文化的な広い知識を持っている人」となるのが分かるのではないでしょうか。

よく誤解をされがちなことに「教養がある」=「高学歴」「勉強ができる」ということがありますが、意味を見てみると高学歴であることや、勉強能力が高いという意味ではないことが分かると思います。

幅広い知識を持っていたり、精神的な活動を通して心が豊かな人のことを、教養があるというのではないでしょうか。

このあたりの意味の切り分けに注意してみてください。

>

教養を使った文章・例

  • 教養があるのに下品。という人はなかなかいない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ