「ウェイ系」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ウェイ系」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ウェイ系」について解説します。

目次

  1. ウェイ系
  2. ウェイ系の意味とは
  3. ウェイ系を使った文章・例

ウェイ系

「ウェイ系」という言葉について解説します。

みなさんはこのウェイ系という言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

もしくはウェイ系の人に知り合いはいるでしょうか。

いるよ~。という方にとってはなんてことない言葉かもしれませんが、初耳という方にとっては?な単語だと思います。

ここではそんな「ウェイ系」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ウェイ系の意味とは

ウェイ系とは「ノリが良くて明るく陽気な人。集団でバカ騒ぎする人。」といった意味で使われる言葉となっています。

ウェイ系という言葉は、一部ではプラスの意味で使われていますが、一部ではある程度アホな人、痛い人といった悪い意味で使われていたりもします。陰と陽を併せ持つなかなか味わい深い言葉とも言えそうです。

元々の由来は若者がテンションを上げる時に使う「ウェーイ」という掛け声から来ています。

このウェーイという言葉自体に意味はありませんが、その場のノリをよくする言葉として若者の間では広く使われています。

そこから、ことあるごとに「ウェーイ」と騒ぐ人、ウェーイというノリの場に常にいる人、またそういった感じの人を指してウェイ系とひとまとめに呼ぶようになりました。

ただし、あくまでも若者を指す言葉として使われているので、いい年してウェイ系だと冷たい視線を浴びることになるかもしれません。

>

ウェイ系を使った文章・例

  • 陽気な人とウェイ系な人とでは、人として決定的に何かが違う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ