「真っ盛り」とは?意味や使い方を解説します!

「真っ盛り」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「真っ盛り」について解説します。

目次

  1. 真っ盛り
  2. 真っ盛り(まっさかり)の意味とは
  3. 真っ盛りの使い方・例文

真っ盛り

真っ盛り」という言葉について解説します。

「夏真っ盛りの天気」「桜の真っ盛りの季節」といった形で使われるこの言葉。

みなさんも日常の中で何度となく見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

たいていの場合、「〇〇真っ盛り」というように何かにくっついた形になっていますが、この真っ盛りという言葉のきちんとした意味はご存知ですか?

漢字からなんとなく意味は想像できそうですが、ここで一度押さえておきましょう。

ということで、ここではそんな「真っ盛り」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

真っ盛り(まっさかり)の意味とは

>

真っ盛り(読み方・まっさかり)とは「今がちょうど盛りであること。また、そのさま」という意味の言葉となっています。

盛りの真ん中、盛りの真っ最中といったイメージになるかと思いますが、夏真っ盛りといった場合、「真夏の一番盛りの時期」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

ちなみにこの言葉は「まさかり」「みさかり」といった風にも使われることがあります。

真盛りと書きますが、読み方が「まさかり」「みさかり」と読み、意味は真っ盛りと同じになります。

漢字も真っ盛りの小さい「っ」が取れている形の「真盛り」で、古く、元々はこちらの形で使われていた言葉です。

真っ盛りの使い方・例文

  • 真っ白い夏服を着て、汗を流しながら自転車をこいでいる。青春真っ盛りを絵に描くとこんな感じになるのだろうか。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ