「情報モラル」の意味とは?意味や使い方を解説!

「情報モラル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「情報モラル」について解説します。

目次

  1. 情報モラル
  2. 情報モラルの意味とは
  3. 情報モラルを使った文章・例

情報モラル

情報モラル」という言葉について解説します。

ニュースや情報誌などを見ていると、最近よく見聞きするようになった言葉の一つにこの「情報モラル」が挙げられます。

IT化が進んだ現代にとっては、重要な言葉の一つとも言えそうですが、みなさんはこの言葉を見聞きしたことがあるでしょうか。

字面からなんとなく意味は想像つきそうですが、今後ますます重要になっていく言葉なので、一度ここできちんとした意味を把握してみましょう。

ということで、ここではそんな「情報モラル」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

情報モラルの意味とは

情報モラルとは「情報化社会で適切に活動するための道徳・倫理。特にインターネットの利用によって自らを危険にさらしたり、他社に害を及ぼさないようにするための考え方や道徳上の規範を指して言われる。情報倫理とも」という意味の言葉となっています。

IT化が進み、情報の扱い方が大切になってきた過程で、扱う側のモラルの整理も大切になってきました。

そういった流れの中で注目されているのが、情報モラルです。現実の世界でのモラルと、情報世界の中でのモラルの両方が必要になってきた証とも言えそうです。

余談となりますが、2000年以降に生まれた若者、要するに物心ついた時にはインターネットがすでにあった世代の方が、情報モラルについてはきちんとしているとも言われています。

>

情報モラルを使った文章・例

  • うちの会社は情報モラルについての認識が全くないため、個人情報の扱いもぞんざいだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ