「忠誠」の意味とは?意味や使い方を解説!

「忠誠」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「忠誠」について解説します。

目次

  1. 忠誠
  2. 忠誠の意味とは
  3. 忠誠を使った文章・例

忠誠

皆さんは「忠誠」という言葉をご存知でしょうか。

時代劇やファンタジー小説など、創作物の中でよく見る気がします。

今回は「忠誠」という言葉について詳しく解説します。

忠誠の意味とは

>

忠誠とは「自分の所属する国家や集団、上位の人間、思想などに心から尽くすこと」という意味です。
読み方は「ちゅうせい」です。

「忠誠」とは、それを誓った相手に対して絶対に服従するという意思を表した言葉です。
時には法や道徳、自分自身の良心などに逆らってでも、相手の意志に沿った行動が第一となります。
「忠誠」は、それくらい強い決断を意味する言葉なのです。

「忠誠」と同じく「忠」という漢字を使っている似た意味の言葉に「忠義」や「忠実」があります。

「忠義(ちゅうぎ)」は、「私欲を捨て、主人や国家などに真心を尽くして仕えること」という意味です。
「忠誠」との意味の違いは様々に解釈がありますが、ほぼ同じ意味と見ていいのではないでしょうか。

「忠実(ちゅうじつ)」は「真心を込めて良くつとめること」「ごまかしや誤りのない正確な様子」という意味です。
現在ではどちらかというと二つ目の意味の方がよく使われている傾向にあります。
昔の商品を復刻販売する際の宣伝文句として「販売当時の商品を忠実に再現しました」というものがあります。この場合の「忠実」は二つ目の意味の用例であり、「寸分たがわず正確に」という意味になっています。

忠誠を使った文章・例

  1. 戦国武将に忠誠を誓った腹心の部下のエピソードを読むのが好きだ。
  2. 会社が危機に陥った今、社員たちの忠誠心が試されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ