「目録」とは?意味や使い方を解説します!

「目録」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「目録」について解説します。

目次

  1. 目録
  2. 目録の意味とは
  3. 目録の使い方・例文

目録

目録」という言葉の意味や使い方について解説します。

この目録という言葉には、2つの意味がありますが、現代で一般的には結納品目録や卒業記念目録といった形で使用される機会が多くあります。

読み方は「もくろく」となります。

この目録の書き方は、種類によって異なります。

結納品であれば、関東と関西で書き方が違うのです。

使い方としては「結納品目録を添える。」といった表現が一般的です。

今回は、そんな「目録」について詳しく解説します。

この機会に目録という言葉について詳しく知っていきましょう。

目録の意味とは

>

目録という言葉の意味について解説します。

目録という言葉の意味は大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「ものの所在をはっきりさせる目的または、ものの譲渡や寄贈が行われる際に作られる品名や内容、数量などをあげ連ねて記し、見やすくした文書。」という意味になります。

使い方としては「目録をはっきり確認してから寄贈する。」といった表現が一般的です。

続いて2つ目は「門人に芸道や武術を伝授した際に、その名目などを書いて与える文書。」という意味になります。

現代では一般的に、結納品や退職記念、卒業記念目録などとして使用される機会が多くあります。
 

目録の書き方は、その種類によって異なります。

例えば、結納品の目録の書き方は関東と関西によって違います。

読み方は「もくろく」となります。

目録の使い方・例文

  1. 結納品目録は、関東地方と関西地方で書き方が違うらしいので注意が必要だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ