「粒度」とは?意味や使い方を解説します!

「粒度」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「粒度」について解説します。

目次

  1. 粒度
  2. 粒度の意味とは
  3. 粒度の使い方・例文

粒度

粒度(読み方:りゅうど)」という言葉について解説します。

皆さんこの「粒度(読み方:りゅうど)」という言葉、見聞きした事があるでしょうか?

聞いたことはあるけれど、使用した事はない!なんて人もいるかもしれません。

どうやらこの言葉は、様々な業界で広く使用されている言葉のようです。

日常の中で頻繁に出てくる言葉ではないですが、ここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんな粒度という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

粒度の意味とは

>

粒度とは「粒状、粉状、塊状の物体の粒子の大きさの事。簡単に言うと、つぶの大きさの事。データマネージメントの世界ではデータ管理粒度を示す言葉。

「この小麦粉の粒度は細かい。」なんて使い方をするこの言葉。

業界の方は知っているようですが、IT企業や土木業界、鉄銅業界でもしようされている言葉のようです。

物事を粒子に置き換え、粒度が細かい、不揃い、などと使用するようです。

普段の生活の中で使用する事は、頻繁にはなさそうですが、お菓子作りをする際の小麦粉や、子供のよく行く公園の砂場の砂、使用しようと思えば使用できますね。

中々使った事のない方も、言葉を1つ覚えたことで、使用できる場面があるか、今後使用する事があるかなど考える時間が増えて、充実した時間ができるかもしれません。

粒度の使い方・例文

・アクセサリーを作るためビーズを買ったが、粒度が不揃いでそれがまた魅力的に感じた。
・あなたが考えた業務フローは粒度が細かすぎる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ