「若い時の苦労は買ってでもせよ」とは?意味や使い方を解説!

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「若い時の苦労は買ってでもせよ」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 若い時の苦労は買ってでもせよ
  2. 若い時の苦労は買ってでもせよの意味とは
  3. 若い時の苦労は買ってでもせよの類語
  4. 若い時の苦労は買ってでもせよを使った文章・使い方

若い時の苦労は買ってでもせよ

若い時の苦労は買ってでもせよ(わかいときのくろうはかってでもせよ)」という言葉の意味を解説します。

若年層なら必ず、親や上司などから「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言われたり、聞いたりしたことのあることわざだと思います。このことわざの意味をご存知でしょうか。この機会に意味を理解してみましょう。
 

若い時の苦労は買ってでもせよの意味とは

若い時の苦労は買ってでもせよの意味は「若い時にする苦労は、必ず貴重な経験となって将来役立つものだから、求めてもするほうがよい」となります。
読み方は「わかいときのくろうはかってでもせよ」です。

若い時に経験する苦難や投げ出したいと思う事でも、将来の自分の精神面や考え方などの糧になるものだから、どんな経験もしておきなさいということです。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」「若い時の苦労は買うて(こうて)でもせよ」という言い方もします。

「苦労」と同じような意味合いで「辛労」「難儀」「辛抱」があります。
 

若い時の苦労は買ってでもせよの類語

<類語>
「艱難汝を玉にす」「苦労屈託身の薬」「若い時の力瘤」

<英語>
「Heavy work in youth is quiet rest in old age」
           (若い時の重労働は老いての平安である)
「Spare no effort while you are young」
           (若いながら努力を惜しみません)


 

若い時の苦労は買ってでもせよを使った文章・使い方

<例文>

  1. 私の親は若い時に大分苦労したようで、口癖のように若い時の苦労は買ってでもせよと言われる。
  2. 社長は今の私があるのは、若い頃経験した苦労のおかげだとよく言ってる。まさに若い時の苦労は買ってもせよを地で行ってるような人だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ