「ベクトル」とは?意味や使い方を解説!

「ベクトル」という言葉を聞いたことがありますか?この記事では「ベクトル」というカタカナ語の意味や使い方について解説します。合わせて、英語や類語なども解説します。

目次

  1. ベクトル
  2. ベクトルとは
  3. ベクトルの使い方・例文

ベクトル

この記事では「ベクトル」について解説させていただきます。

みなさんはベクトルという言葉を日常生活の中で聞いたことはありますか?

というのも、多くの人がベクトルという言葉を一度は聞いたことがあるはずだからです。高等教育の数学の授業でベクトルという単元があったことを思い出した方もいるのではないでしょうか?

しかし、矢印が出てきた記憶はあってもベクトルという言葉の意味を正しく覚えている人は少ないかもしれません。そんな方はこの記事を参考に理解を深めていきましょう。

ベクトルとは

ベクトルには「向き・向きに対する量」という意味があります。

それを誰でも分かりやすく表したものが矢印でもあります。


例えば「会議で自分にベクトルが向く」という場面を想像してください。この場合は、他人からの視線の向きやその視線の量という意味があります。視線の量については個人からの熱いまなざしである場合や単純に多くの人からの視線という解釈も挙げられます。
また、「私はあの人とはベクトルが違う」というケースでは自分と他人との間で趣味や理想など、求めているものが異なっていることやそれに対する情熱などの大小を表すことが出来ます。

難しい言葉の様に感じている人もいると思いますが、理解してしまえばこれほど汎用性が高い言葉は中々ないでしょう。

ベクトルの語源は英語の『vector』にあります。
vectorの意味は「方向や進路」となっており、使い方は基本的には同じとなります。

>

ベクトルの使い方・例文

ベクトルの例文についてご紹介させていただきます。

1.私と彼の趣味はベクトルが違う。
2.余計なことを言ってしまったせいで私にベクトルが向くことになってしまった。
3.ベクトルを同じにすることが組織では重要である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ