「生生流転」とは?意味や類語を解説!

「生生流転」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「生生流転」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 生生流転
  2. 生生流転とは
  3. 生生流転の類語
  4. 生生流転の使い方・例文

生生流転

生生流転(せいせいるてん・しょうじょうるてん)」という四字熟語を聞いたことがあるでしょうか。

四字熟語は漢字だけのイメージで解釈すると意味を勘違いして理解してしまうことも多いです。この「生生流転」もその間違えやすい四字熟語の一つだといえます。

​​​​​​​今回はこの言葉の正しい読み方と意味、類語や英語での表現などをご紹介しますので、この機会に覚えて使ってみましょう。

生生流転とは

この四字熟語の読み方は「せいせいるてん」または「しょうじょうるてん」です。
‘せいせいるてん‘のほうがい一般的によく使われているようです。表記は生生と同じ漢字を二回続けるものと「生々流転」とされるものがあり、どちらも正しいです。

生生流転は「世の中の全てのものは絶えず生まれては成長し続け、変化を続けていくということ」という意味があります。なんだか哲学的な意味を持つ四字熟語ですね。日常会話でよく耳にするというよりかは、絵画や芸術作品のタイトルなどによく使われているものを目にする機会が多いのではないでしょうか。

生生流転の英語

英語でこの四字熟語を言い換えると、【All things are in flux.→全てのものは流転する】【All things are constantly changing. →万事は常に変化している】というような表現になります。

生生流転の類語

生生流転を似た意味を持つほかの言葉で言い換えるとすると

  • 諸行無常
  • 飛花落葉
  • 有為変転は世の習い
などがあります。
 

生生流転の使い方・例文

1.全てのものは生々流転する。
2.生生流転、移り変わる環境に対応できるよう、自分自身も常に進化し続けたいと思います。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ