「栴檀双葉」の意味とは?意味や使い方を解説!

「栴檀双葉」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「栴檀双葉」について解説します。

目次

  1. 栴檀双葉
  2. 栴檀双葉(せんだんのふたば)の意味とは
  3. 栴檀双葉を使った文章・例

栴檀双葉

栴檀双葉」という言葉について解説します。

みなさんはこの栴檀双葉という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

ご存知の方は問題ないかもしれませんが、初めて見たという方にとっては読み方すら分からない。という方も多いかもしれません。かく言う私も知らなか…

ちなみに読み方は「せんだんのふたば」と読みます。

初めて見たという方、読み方が分かったところで意味の想像は難しいと思います。かく言う私もピンとこなかっ

ということで、ここではそんな栴檀双葉という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

 

栴檀双葉(せんだんのふたば)の意味とは

>

栴檀双葉とは「大成する人は幼少のときから才能が溢れ、すぐれているという意味の例え」となります。

栴檀というのは高木の白檀(びゃくだん)のことで、双葉は芽が出たばかりの小さな二枚の葉のことです。

白檀という高木は芽が出た直後でもいい香りを放つということから、大成する人は小さい時から特別な才能を持っている。という意味で使われています。

実は栴檀双葉というのは「栴檀は双葉より芳し」を略した形の四字熟語です。意味は変わりませんが、このことも併せて覚えておくとよいのではないでしょうか。

たしかに、大成する人は幼少の頃からすぐれているのかもしれませんが、昔神童、今凡人という言葉もありますので、なかなか難しいところかもしれませんね。

栴檀双葉を使った文章・例

  • モーツァルトは小さなころから素晴らしい曲を書いており、まさに栴檀双葉と言えるだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ