「シリアス」とは?意味や使い方を解説!

「シリアス」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シリアス」について解説します。

目次

  1. シリアス
  2. シリアスとは
  3. シリアスの使い方・例文

シリアス

シリアス」という言葉をご存知でしょうか。「シリアスなシーン」「シリアスな顔」など日常会話でも頻繁に使われる言葉ですよね。

この記事ではそんな「シリアス」について、意味や類語、反対語などを詳しく解説していきます。
「シリアス」の意味を知らなかった人はこの機会にぜひ覚えていってくださいね。

シリアスとは

「シリアス」とは「まじめな」「深刻な」という意味の言葉です。
「シリアス」は英語の「serious」からきています。「serious」には「まじめな」「真剣な」「ゆゆしい」という意味が含まれており、これらは日本語の「シリアス」にも含まれます。

「シリアス」という言葉は暗いイメージを持たれがちです。これは上記のように「まじめな」「深刻な」などの重い意味を多く持っているからだと考えられます。

上記以外にも「厳粛な」「重篤な」など細かな意味を多く持つ言葉ですが、どれも「まじめな」「深刻な」と言い換えることができます。

シリアスの類語

「シリアス」の類語は以下のようなものが挙げられます。

  • 真剣
  • 重い
  • 深刻

シリアスの反対語

「シリアス」の反対語は以下のようなものが挙げられます。

  • のんき
  • コミカル

「コミカル」は「ひょうきんな」「面白い」などの意味を持つ言葉です。

シリアスの使い方・例文

「シリアス」を使用した例文は以下のようになります。

  1. サスペンスドラマで人気俳優のシリアスな顔が何度も映される。
  2. ドラマがシリアスなシーンに差し掛かったところでインターホンが鳴った。
  3. 先日倒れた知人の症状が予想よりシリアスで心配になる。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ