スパムとは?意味や使い方を解説

携帯電話が普及してから使用頻度の高まっている「スパム」という言葉。誰しもが一度は聞いたことのある言葉だと思いますが、意味を問われると答えられない人が多いと思います。今回は「スパム」について解説していきます。

目次

  1. スパム
  2. スパムの意味とは
  3. スパムの種類
  4. スパムを使った文章・使い方

スパム

携帯の普及により高頻度で使用されるようになった「スパム」という言葉があります。

「スパムメール」や「スパム踏んだ」など聞いたことのある人が多い言葉だと思います。

しかし、意味を問われると口をつむんでしまう人も多いはずです。

今後も需要のある言葉なのでしっかり覚えましょう。

スパムの意味とは

「スパム」とは現在の意味は「Web上での主に他リンクへの誘導を行う迷惑行為」です。

元々は「迷惑メールを大量に送ってくること」を意味していましたが、最近ではメールにとどまらずSNSやLINEなどでもスパム行為が流行っているため、意味合いが変わってきました。

基本的には他リンクへと誘導するメールや文章、ツイートなどで収益を稼ぐ行為です。

また、スパムメールやスパム行為を頻繁にする人のことを「スパマー」と呼びます。

スパムの種類

スパムを踏ませることで他リンクへとつなげ、収益を得るという一連の流れは基本的にはどのスパムにも変わりがありませんが、飛んだリンク先によって被る被害が違います。

有料のアダルトサイトなどへ飛ばされ、多額の請求をされたり、最悪の場合は個人情報(クレジットカードのナンバーや住所氏名)などが抜き取られる恐れがあります。

また、Twitterのスパムなどは「スパム」を踏んだ時点で、スパム内容のツイートを自分のアカウントで勝手にツイートされてしまい、自分がスパムの拡散の手伝いをしてしまう恐れもあります。

スパムを使った文章・使い方

1.スパムを踏んでしまい、多額の請求が来た
2.LINEなどのスパムには十分気を付けるべき
3.スパムかどうかを判断するスキルが必要だ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ