「謁見」とは?意味や使い方を解説!

「謁見」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「謁見」について解説します。

目次

  1. 謁見
  2. 謁見の意味とは
  3. 謁見を使った文章・例文

謁見

皆さんは「謁見」という言葉をご存知でしょうか。
日常生活ではあまり見ない言葉ですが、どのように使うかご存知でしょうか?

今回は「謁見」という言葉について詳しく解説します。

謁見の意味とは

謁見とは「身分が高い人や貴人にお目にかかること」という意味です。
読み方は「えっけん」です。

「謁」という漢字は、その一文字自体で上記の意味を持っています。
訓読みは「まみ・える」です。

「身分が高い人や貴人」とは、王族や将軍などの最高位に近い人物に限られます。
日常で目を合わせることはまず叶わず、難しい手続きを複数通してようやくお会いできるというイメージです。
自分の上司など、単に目上の人というだけの人に対しては使いません。

「拝謁」という言葉がありますが、これは「謁見」の謙譲語にあたる言葉です。
謁見が叶った相手に対し、「拝謁させていただき誠にありがたく存じます」などと述べる際に使います。

「謁見」の意味を含んだ言葉に「見参」があります。
軍記物の創作等で見かける言葉で、ほとんどの人は「けんざん」と読んでいると思いますが、本来の読みは「げんざん」です。また、「げざん」とも読みます。
意味は「目下の人間が、目上の人間に対面すること」「目上の人間が、目下の人間に会ってやること」「宴会や節目の行事に出席すること」です。
このうち、「謁見」と近いのは1つ目の意味ですが、「見参」における「目上の人間」とは、最高位かどうかとは関係ありません。

>

謁見を使った文章・例文

  1. 功績を認められ、将軍に謁見することを許された。
  2. 多数の貴人が出席する式典でも、国王に謁見できるのは一握りだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ