「秋風が立つ」とは?意味や使い方を解説!

「秋風が立つ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「秋風が立つ」について解説します。

目次

  1. 秋風が立つ
  2. 秋風が立つの意味とは
  3. 秋風が立つを使った文章・例文

秋風が立つ

秋風が立つ」という言葉をご存知でしょうか。

文字通りの季節の風情を意味する言葉として使っている方もいるかと思いますが、実はある人間関係の様子を表す意味もあり、芸能ニュースやネット記事、小説などの文字媒体で頻繁に用いられている言葉になります。

ほとんどの場合は季節の言葉としてではなく、もう一つの意味合いで用いられるため、覚えておくと便利な言葉です。

ここではそんな「秋風が立つ」について意味や使い方などを詳しくご紹介していきます。

秋風が立つの意味とは

秋風が立つとは、「秋に吹く風」という意味と、「恋人や夫婦間の愛情が冷え込む」ことを意味します。

「秋風が吹く」とも言い、秋に吹く冷たい風のことを指します。

そこから転じて、恋人や夫婦などの間にある愛情が冷たく冷え込んでしまうことも意味します。また「秋」の音が「飽き」にも繋がることから、相手に飽きてしまうという意味合いになったとされています。

男女間の仲についてを表す言葉のため、友人のような友好関係にある人との仲が険悪になることについてこの言葉が用いられることはありません。

>

秋風が立つを使った文章・例文

  1. 街行く人が厚着をしているのを見ると、もう秋風が立つ季節が来たんだなと思ってしまう。
  2. 人前だろうが何だろうが、ところ構わずいちゃいちゃしていた2人は、半年と経たずに秋風が立ったようで、今では会話どころか目も合わせることはない。
  3. 秋風が吹く様子も全くなく、いつまでもおしどり夫婦のままで、なんとも羨ましい限りだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ