「三つ子の魂百まで」とは?意味や使い方を解説!

「三つ子の魂百まで」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「三つ子の魂百まで」の意味や使い方を解説していきます。また、類語もあわせてご紹介します。

目次

  1. 三つ子の魂百まで
  2. 三つ子の魂百までの意味とは
  3. 三つ子の魂百までの類語
  4. 三つ子の魂百までを使った文章・使い方

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで(みつごのたましいひゃくまで)」という言葉の意味について解説します。

古くから伝えられている諺で、その人の性格や行動に対して感心したり、不満に感じた時に用いたりします。皆様はこの三つ子の魂百までの言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。

 

三つ子の魂百までの意味とは

三つ子の魂百までの意味は「幼い頃の性格は、年をとっても変わらないということ」になります。
読み方は「みつごのたましいひゃくまで」です。

三つ子とは三才の子を指し、いわゆる物心がつき始める幼子のことです。幼い時に体得した考えや性格は、一生変わることがないということで、子育て中には必ず一度は耳にする言葉です。
しかし、間違った解釈で、幼い頃に習ったり覚えたりしたことは生涯忘れないという教育的な見方はしません。

英語で「until the triplets of soul hundred、the child is father of the man」となります。

三つ子の魂百までの類語

「子供は大人の父親」、「雀百まで踊り忘れず」、「噛む馬はしまいまで噛む」、「産屋の風邪は一生つく」、「頭剥げても浮気はやまぬ」、「産屋の癖は八十までなおらぬ」、「痩せは治るが人癖は治らぬ」、「病は治るが癖は治らぬ」、「漆剥げても生地は剥げぬ」、「習慣は第二の天性なり」などが存在します。


 

三つ子の魂百までを使った文章・使い方

  1. 三つ子の魂百までというが、この短気な性格はなかなか治らないものだ。
  2. いくつになっても好奇心旺盛で、三つ子の魂百までとはこの子にぴったりの言葉だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ