「できちゃった婚」とは?意味を解説します!

「できちゃった婚」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「できちゃった婚」について解説します。

目次

  1. できちゃった婚
  2. できちゃった婚の意味とは

できちゃった婚

皆さんは、「できちゃった婚(できちゃったこん)」という言葉をご存知でしょうか。

広く知られている言葉なので、見聞きしたことのある方がほとんどだと思います。

この記事では、「できちゃった婚」の意味を解説させていただきます。

できちゃった婚の意味とは

「できちゃった婚(できちゃったこん)」とは、「妊娠をきっかけに結婚すること」という意味です。

定義としては、入籍前に妊娠をしていることです。
入籍後、結婚式までに妊娠をした場合はできちゃった婚の定義から外れるので、できちゃった婚には当たりません。

「でき婚(できこん)」と省略されたり、「おめでた婚(おめでたこん)」や「授かり婚(さずかりこん)」「婚前妊娠結婚(こんぜんにんしんけっこん)」などの呼ばれ方をします。

「できちゃった婚」と「おめでた婚」「授かり婚」「婚前妊娠結婚」の呼び方ですが、特に意味の違いはありません。

「できちゃった」だと計画性が無く聞こえるので良い意味の言葉を宛がう為にこれらの名称の違いができたとされています。

妊娠期間が長くなり出産予定日が近づけばそれだけ母体への負担が大きくなるので、結婚式や披露宴の実施が困難になります。
その為、できちゃった婚の場合は式を行わず入籍だけで済ませるケースが多いです。

>

できちゃった婚の使い方・例文

ここで、「できちゃった婚(できちゃったこん)」を使った例文をご紹介します。

1.できちゃった婚は、でき婚とも略される。
2.親戚の女性が結婚したが、できちゃった婚らしく入籍だけで済ませたらしい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ