「月極」とは?意味や使い方を解説!

「月極」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「月極」について解説します。

目次

  1. 月極
  2. 月極の意味とは
  3. 月極の使い方・例文

月極

月極(つきぎめ)」という言葉は、社会人が読み間違いをしやすい漢字ランキングに入るほど、読みにくい漢字です。

「げっきょく」などと読んで恥ずかしい思いをした経験のある人もいるかもしれません。

「月極」は「月極駐車場」という言葉で聞く機会が多いので、正しい意味や読み方などを知っておいてくださいね。

この記事では「月極」の意味や使い方、読み方などを解説します。

月極の意味とは

「月極」の意味は「一か月を単位とした契約」です。

そのため、よく見かける「月極駐車場」というのは、1か月単位で契約して利用する駐車場です。
この「月極」という言葉になじみがないため、読み間違いが多発するのですが、なぜ読みにくいこの漢字を使っているかには理由があります。

「極」は、現在では「この上ない」などの意味で使われていますが、昔は「約束する」という意味で使われていました。
その意味だと「一か月単位で約束する」という意味になり「月極」はおかしい表現ではありません。

そして、「約束する」の意味で「極」が使われなくなった今も当時の名残でこの言葉が使われています。

>

月極の読み方

「月極」の読み方は「つきぎめ」です。

「げっきょく」「げっごく」などの読み間違いが多いので気を付けましょう。

月極の使い方・例文

  1. 月極駐車場を利用しているのだが、隣の車との距離が異様に狭いのでいつもぶつけそうになってひやひやしている。
  2. 月極駐車場を利用するよりも、たまにしか使わない僕はコインパーキングの方が安くあがる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ