「無病息災」とは?意味や使い方を解説!

「無病息災」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「無病息災」について解説します。

目次

  1. 無病息災
  2. 無病息災の意味とは
  3. 無病息災を使った文章・例文

無病息災

無病息災(むびょうさいそく)」という言葉は、日常生活の中でもよく聞く言葉ですね。
数ある四字熟語の中でもよく知られた存在と言っても過言ではありません。

「無病息災」は頻繁に使われる言葉ながら、その語源などは意外に知られていません。聞く機会が多いので正しく理解しておきたいですね。

この記事では「無病息災」の意味や使い方、類語などを解説します。

無病息災の意味とは

「無病息災」の読み方は「むびょうさいそく」です。

「無病息災」の意味は「病気をせずに、健康なこと」です。無病とは、その字の通り病気をしていないことを指します。

息災も同じ意味ですが、どうしてそのような意味になるのかわかりにくいですね。息災はもともと仏教用語であり、仏の力によって病気や災害など人間を苦しめる災いを防ぐといった意味があります。この2つの意味を重ねたのが「無病息災」です。

「無病息災」の類語には家内安全があります。こちらも病気などの災いがないように願う言葉ですが、文字通り家族が主な対象になります。

「無病息災」から派生した言葉に「一病息災」というものもありますよ。「一病息災」は、持病のある人の方が健康な人よりも体を気遣って長生きをするという意味です。

無病息災を使った文章・例文

  1. 今年は厄年だったので何かあるんじゃないかと思っていたが、何とか無病息災で過ごすことができて本当に感謝している。
  2. 年齢を重ねて体調が悪い日も増えてきた。無病息災がどれだけありがたいことなのかやっとわかったよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ