「アーカイブ」とは?意味や使い方を解説!

「アーカイブ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アーカイブ」について解説します。

目次

  1. アーカイブ
  2. アーカイブの意味とは
  3. アーカイブの使い方・例文

アーカイブ

皆さんは「アーカイブ」という言葉をご存知でしょうか。

デジタル機器を扱っているとたまに見かけるけど、どういう意味だろう?と思われる方も多いことでしょう。

今回は「アーカイブ」という言葉について詳しく解説します。

アーカイブの意味とは

アーカイブとは「重要な記録を別の場所に保管し、未来に伝達する事」という意味です。

日常生活の中では、パソコンやスマホを使っているときによく見かけます。

メールや写真などのデータは、日々の活動でどんどんたまっていきます。
もちろん不要なものは適宜消したりなどして整理するでしょう。

しかし、その中には絶対に消したくない、消すべきではないデータも多く存在します。
そういったデータをそのままにしておくと、日常の動作の中でうっかり消してしまいかねないということもあると思います。

そのような事故を防ぐために、別の場所に保存することでデータを保護することを「アーカイブする」と呼ぶのです。

Androidのユーザーならばgmailを使う人が多いと思いますが、このgmailには便利なアーカイブ機能がついています。

受信リストからアーカイブしたいメールを左右どちらかにスワイプするだけで、アーカイブ専用の領域に移動するのです。

アーカイブしたメールはいったんリストから消えますが、また読みたいときは「すべてのメール」項目から探し出すことができるのです。

うまく活用して、メールを賢く整理しましょう。

アーカイブの使い方・例文

  1. 重要な写真などはあらかじめアーカイブしてあったので、後になって助かった。
  2. 博物館や美術館などは、文化財のアーカイブだと言えるだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ