「あしからず」とは?意味や使い方を解説!

「あしからず」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「あしからず」について解説します。

目次

  1. あしからず
  2. あしからずの意味とは
  3. あしからずの使い方・例文

あしからず

あしからず」という言葉の意味をご存知でしょうか。

「~なのであしからず」という言葉を見たことがあるかと思いますが、どういう意味なのか戸惑ってしまった経験がある方は少なくないのではないでしょうか。

また意味を知っていても、どういう場面で使っても良くて、どういう場面では使ってはいけないのかなど、使い方に困ってしまう面もありますよね。

ここではそんな「あしからず」について、意味や使い方などをご紹介していきます。

あしからずの意味とは

あしからずとは、「相手の意を沿うことができず、申し訳ない気持ちを表す言葉」になります。

「悪しからず」と表記されることもあるなど、「悪意がないこと」や「誤解を与えないための前置き」を示す言葉として広く用いられています。

主にカジュアルな場で使われる言葉で、同じぐらいの立場の人同士か、上の立場の人が下の立場の人に使うなど、
このため、ビジネスメールの返事などにこの言葉を使うのは失礼に当たるため注意が必要です。
仕事で使う際は「~の場合は~となりますので、あらかじめご了承ください」とするのが良いとされています。

>

あしからずの使い方・例文

  1. ここに乗せた前情報は、あくまでも個人による予想になりますので、その点はあしからず。
  2. いただいたメッセージにはすべて目を通させていただいていますが、返事はできないかもしれませんので、悪しからず。
  3. 彼は遅刻すると、『今から向かいます、間に合わなかった時はあしからず』と、悪びれた様子もないメールを送ってくる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ