「レボリューション」とは?意味や使い方を解説します!

「レボリューション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「レボリューション」について解説します。

目次

  1. レボリューション
  2. レボリューションの意味
  3. レボリューションの使い方・例文

レボリューション

レボリューション」という言葉の意味や使い方について解説します。

よく、洋楽やJ-POPの曲名、歌詞などに使用されている言葉であるため、耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

革命や大革命といった意味を持つ言葉です。

「レボリューションが起きる」や「政治的なレボリューションを起こす」といった使い方をします。

今回は、そんな「レボリューション」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

レボリューションの意味

>

レボリューションとは「革命。大革命。」という意味を持つ言葉です。

「革命」には、4つの意味があります。

まず1つ目は「支配されている階級が、支配階級を倒し政治権力を握って、政治や経済、社会体制を根本から変革すること。」という意味になります。

使い方としては「フランス革命は18世紀の後半に起きた市民革命運動だ。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目は「物事が急にかつ激しく発展、変革すること。」という意味になります。

使い方としては「革命的な経済発展を遂げた国。」といった表現が一般的です。

続いて、3つ目は「古代中国において、天命が変わって王朝が変わること。」という意味になります。

そして、4つ目は「陰陽道において、辛酉の年。争乱が多く、改元などが行われた年。」という意味になります。

レボリューションの使い方・例文

  1. 我々日本の若者が立ち上がって、政治的なレボリューションを起こそうではないか。
  2. 我が家の消灯時間が21時から23時になったのはある種のレボリューションだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ